屋久島の自然環境を維持するために

屋久島ガイド|【スプラウト屋久島】 のエコツアーで自然体験!

屋久島の自然環境を維持するために

世界には、後世にまで引き継ぐべき価値ある素晴らしいものがたくさんあります。
その代表と言えるのが、有形の不動産を対象にした遺跡や自然などの世界遺産で、文化遺産・自然遺産・複合遺産の3種類があります。遥か古の時代から引き継がれてきた大切な遺産なので、これからもずっと守りつつ、未来に引き継いでいかなければいけません。

屋久島が自然遺産に登録された理由

日本で初めて世界遺産に登録された屋久島には、減少の危機にある原生状態の照葉樹林、生態的に貴重なスギの木が残っていることなどが評価されて、自然遺産の島になりました。縄文時代から人が住み、生活をしていたにも関わらず、自然が残されているのは素晴らしいことです。

屋久島は東洋のガラパゴスと呼ばれていて、人々の心を魅了し続けています。
そんな屋久島には泊まりがけで訪れる方もいれば、日帰り登山やアウトドアの日帰り体験など、日帰りツアーを楽しむ方もたくさんいらっしゃいます。

自然遺産の島を観光する際に気をつけたいこと

自然豊かな屋久島は観光地として人気のある場所なので、1度は行ってみたいと思う方も多いでしょう。宿泊ツアー、日帰りツアー、どちらを利用する場合でも気をつけたいのが、自然を壊さないことです。自然遺産の島として維持していくためには、固有種の保護や外来種対策が重要になります。その生態系を壊さないよう、観光に行く際は靴底の泥を払い落としたほうがいいでしょう。

あるいは、新しく靴を購入するのもいいかもしれません。また、植物の成長に影響を及ぼす可能性が考えられることから、整備された道以外は足を踏み入れないことです。
小さなことですが、1人ひとりの気配りが自然環境の維持に繋がります。

連泊、あるいは日帰り観光で屋久島を堪能したいということでしたら、スプラウトにご相談ください。屋久島の海、川、山をお客様の要望に応じてご案内いたします。
完全少人数制を採用しておりますので、日帰りコースでも存分にお楽しみいただけます。

▲ ページトップへ



blog news: